前へ
次へ

交通事故を増やすストレス

日常生活に充足感が得られない世の中になっていることから、子供から大人までストレスを抱えるようになっている時代です。社会の変化が激しくなっていることでストレスの開放ができなくなり、また交通事故などの命に関わることも問題となっています。特にクルマを運転する人はストレスが高くなると自分でも知らないうちにイライラが強くなり、スピードを出したり交通違反をすることが多くなります。無理矢理割り込みの運転をするようになったり、狭い路地でスピードを出したり、クラクションをちょっとしたことで鳴らしたりすることで運転が荒くなってしまいます。それが日常に当たり前になってしまうと交通事故を引き起こし、相手を怪我させることになってしまいます。そうならないようにするにはストレスをかけないように意識をすることが大事で、クルマの運転では常にスピードは出さないように注意することです。またイライラしないためには深呼吸をして心に余裕を持つことです。

Page Top