前へ
次へ

税理士は税理士会に登録する必要があります

日本の税制は、「申告納税制度」を採用しています。「申告納税制度」は、納税者自らが自分の税金を計算し、確定申告書等の税務書類を作成し、申告・納税する制度です。「申告納税制度」のもと、税理士は納税者の代理人として、申告・納税の手続きを行っています。税理士になるには、税理士試験に合格する必要があります。税理士試験は、弁護士試験、公認会計士試験に次ぐ難易度の高い国家資格試験です。税理士となる資格を有する者は、税理士業務を行う際には、税理士事務所を設置しようとする地域の税理士会へ登録申請書を提出する必要があります。また、税理士会においては、申請書の副本を税務署並びに県知事や市区町村長へ送付するとともに、欠格事由の有無を調査します。

Page Top