前へ
次へ

交通事故の弁護士に任せるメリットと慰謝料

交通事故が起きた時には、相手から慰謝料を請求する事もよくあります。その方法も2つあって、自力で相手に慰謝料を請求するか、弁護士に任せる方法があります。多くの方々は弁護士に相談していますが、その主な理由は金額です。そもそも慰謝料には、主に3つの基準があります。任意保険と自賠責と、裁判所基準の3種類があります。自力で手続きを進めた時は、大抵2つ目の自賠責の基準が適用されますが、金額は大きくありません。他の2つの基準と比べると、かなり低めな金額になってしまう傾向があります。それに対して裁判所基準の場合は、慰謝料の金額は比較的高めになる傾向があります。弁護士に相談しますと、交通事故に関する情報を色々集めてくれますから、証拠が揃いやすいからです。被害者にとって有利な証拠が揃っていると、慰謝料の金額も高くなる傾向がありますから、加害者が加入している保険会社から支払われる慰謝料も高めになる訳です。つまり自力で請求するよりは、弁護士に手続きを任せる方が、最終的にはお得になる傾向がある訳です。それも考慮すると、弁護士への依頼も検討してみる方が良いでしょう。

Page Top