前へ
次へ

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットとして財産をなくすことがあげられます。 資産を残した状況で借金のみを解消するというわけではありません。 手続きは、まず第一に持ち合わせている財産を金銭に換え、返済に充て、不足している分を帳消しというものです。 破産で失くしてしまう財産として、不動産、20万円をオーバーする財産、そして99万円をオーバーする現金は裁判所により判断が違ってくるため、基本的に目安になります。 破産をすると一切合切の財産をなくすのかといえば、基本的にはそうとは言いきれません。自動車などの資産は、破産をもちまして査定額が20万円オーバーのケースのみ没収されることになります。 しかしながら没収を回避するために自己破産前に財産を譲渡すると、財産隠しと扱われて、破産手続きができなくなるケースがあります。したがって、気をつける必要があります。 対策として、口座預金は破産する3ヶ月以上前には口座から出して、キャッシュにかえておきましょう。 その理由は現金は口座預貯金は含まれないためです。 口座の中に20万円よりも大きい残高があれば、財産と扱われ、没収される可能性があります。また、デメリットとして、家族や保証人に対して面倒をかけることがあります。 手続きは、当人以外には関係が無いといえます。しかしながら、自己破産の悪影響がファミリーや保証人に及んでしまう危険があります。 破産を行なっても、本人以外が持ち合わせている財産については没収対象になりません。しかしながら、本人がお金を使って買い求めた妻名義の自動車や子供名義の状態で作り上げた預貯金などは、当人の財産という形で没収されることもあり得ます。そして、 自己破産はファミリーや保証人にひた隠しにするのは簡単ではありません。それから先の暮らしを回復させるためにも、ストレートに口に出して協力を仰いだ方がいいと言えます。 しかも弁護士にお願いする際には保証人も一丸となって、保証人においても相応しい解決手段を提案してもらいましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top